寿命が伸びる

誕生日を迎えた

村上春樹の小説の中で35歳の主人公が「人生の折返し地点を超えた」云々と言っていた。

その文章を読んでから自分も誕生日が来るたびに「あぁ、人生の折返し地点を迎えた」と言っているのだが、40を過ぎても45になっても誕生日が人生の折り返し地点になるので、毎年死ぬ年齢が2歳ずつ伸びていくw

寿命が…伸びていくw

今年はシフォンケーキとチマキで誕生会を
00000PORTRAIT_00000_BURST20200405124550568
00000PORTRAIT_00000_BURST20200405123649576
00000PORTRAIT_00000_BURST20200405012145913




コメント

  1. satomi より:
    シフォンケーキは奥様の手作りですよね^^
    なんとも個性的な感じで(いや、褒めてる)
    美味しそうで、愛情たっぷり感が溢れてます。

    テレビのインタビューで、スーパーなどでカゴいっぱいに買い物してる
    お客さんが「もう、家に食べ物なんてお米くらいしかないので、買っとかないと」
    「買いだめすると本当に必要な人に行き届かないから必要な分だけ」って言いながらカートには
    溢れ出してる冷食や保存食の山・・・
    まだ保存食品なら期限も長いから理解出来るけど、納豆のパックを10個くらいカゴに
    入れてるおばあちゃんを近所のスーパーで見たときは、そんなに誰が食べんの??って
    本気で聞いてみたかった。

    閉所恐怖症ならぬ人混み恐怖症気味なところがあるので、ここ最近のスーパーは
    なんとなく近寄りたくないんですけどねぇ
    パート帰りの駅ナカ施設(意外と空いてる)でその日食べるお惣菜を買って帰ったり
    スーパーより高くついちゃうけど、コンビニのお惣菜買ったり。

    とむこさんちは、どうされてますか?
  2. とむこ より:
    >>1
    シフォンケーキ、ホイップ済みのクリームをその場でババッと掛けて完成させてました。今回のメインはチマキです。とmこ製チマキは絶品です。
    僕は新型インフルからずっと備蓄を続けています。備蓄のプロです。備蓄用フリーザーもあります。地球上の最後の一人になる準備が出来ています。
    6時半に出勤したらドラッグストアには行列ができていました。そう言うイベントに参加出来なくて悔しいです
  3. ジャン より:
    お互いの誕生日前後に毎年恒例、船山温泉でお祝いしています。
    船山温泉とともに齢を重ねているようなものでして。
    ネックなのは、甘いお菓子や果物が大・大・大の苦手なので、最後に出されるデザート系は私にとって拷問、イジメみたいなものでして。他の部屋をノックして「よろしかったら」あげちゃいたいくらいです。
    誕生日は通過点!
  4. とむこ より:
    >>3
    そういう宿の使い方?もあるのですね。僕には定宿と呼べる旅館がまだ無いので、定宿ができたらパクらせてもらうかもしれません。

    食後のデザートって要らないですよね。僕は甘いものは好きなのですが、たいてい重くて胃が疲れます。でもジャンさんや僕の意見は少数派なので、大きな声で言えませんが
タイトルとURLをコピーしました