思い出

仕事が終わって家に着き酒を飲む

気持ちが上がってとても楽しい

ネクライトーキーのMVを大音量で流す。床がズムズムと踊る

担々麺が食べたいがうどんを探すのが面倒くさくて転がっていたパスタを茹でる

麺を茹でながらトイレに行ったりブログを書いたりする

自分のブログを見返す

ブログは自分の記録だ

自分の思い出が詰まっている

記憶なんて朧気だ記憶が鮮明な時に文字にした記録には敵わない

自分のブログを読むのは楽しい

楽しい記憶が詰まっているから


人は楽しい記憶を作るために生きている

そしてその楽しい記憶を反芻して温まる生き物だ

楽しいひとときは消費ではなく後で心を温める燃料となる

楽しく生きた記憶が人生を豊かにするのだ

その時笑った1を後で10味わうために生きている

寂しくなった時孤独になった時辛い時自分の記憶がどれだけ心を温めてくれるかが重要だ

そういう記憶が自分を救う

だから僕は毎日楽しく生きようと思っている

こんなことを書いているからパスタはアフロのようになった

不味い

楽しい




コメント

  1. satomi より:
    >楽しいひとときは消費ではなく後で心を温める燃料となる
    素敵な表現ですね。
    グッときました。

    ブログの大先輩が以前、こんなことを書いていました。
    「ブログは、未来の自分自身に宛てて書く手紙」

    昔の自分が書いたブログを読み返す作業は
    本当に楽しいですね。
  2. とむこ より:
    >>1
    酔っ払っていると気持ちが大きくなって恥ずかしいことでも平気で書けますね。
    いつも翌日後悔するのですが

    ブログと同様、動画も記憶を呼び覚ます効果が強いですね。Goproを買ってから写真よりも動画が主力になりつつあります。
タイトルとURLをコピーしました