制御できない怒り

田舎の交差点。一時停止に従って止まる

左からゆるゆると今にも転びそうなジジイの自転車が現れる。

顔を見ると怒りに満ちた表情でこちらを睨みつけている。この間1秒

相手の怒りが何か分からないが自転車が通り過ぎるまで3秒間睨み合いは続いた。

後で分かったのだが、ジジイが右折するのに僕の原付が邪魔だったのだ。

でも僕には一切の非はない。ジジイが単に右側走行のまま右折しようとしたら僕がいただけなのだ。ジジイが逆走しているだけなのだ。

自分の交通違反を棚に上げて怒り、人を睨みつける。年寄りになると怒りが抑え込めなくなるのか今の年寄世代が狂っているのか分からない。でも、そういう抑制できない怒りをドラッグストアやスーパーで撒き散らしているのかと思うと、うんざりを通り越して寒気がする。そんな人を接客するなんて僕には絶えられない。

3秒間すれ違いざまに怒りを向けられただけで、心が荒んだのだ。対面するなんて僕にはできない


コメント

  1. ジャン より:
    ありますあります。そういうの。
    年寄りの自転車はタチ悪いのがいます。歩行者は避けてくれるだろう、退くだろうと思ってるのですよ。逆だろって。
    元気なお年寄りはくるま運転しますが、体力衰えた老人は自転車に乗った途端に強気になるというか、漕いでる自転車の前を歩いてる歩行者を追い抜こうとして、逆側から歩いてる私の正面に出てきますからね。私は「待てよ」掌で制したりしますよ。
    特に江東区の錦糸町、亀戸、住吉辺りです。
  2. とむこ より:
    >>1
    最近の老人を見ていると「自分は弱者だ」という優先意識と「自分は年長者だ」という驕りが相まって怪物のような振る舞いをしているんだろうと感じます。自転車のルールを守らないのは…全世代ですね、傲慢かは別にして
タイトルとURLをコピーしました