窓辺の物たち

すりガラス越しに見える窓辺に置かれた物たち。僕はその眺めが好きだ

ぼんやりとうっすらと感じる生活の匂い。そこにある人それぞれの暮らし。どんな生活をしてるだろう?とかの詮索や想像はしない。そこに暮らす人には興味はない。うまく説明するのが難しいがその光景自体が好きなのだ。

建物は既に古ぼけていて台所の間取りも古そうな家にある、窓際に並べられた調理器具や食器が透けて見えると、じっと立ち止まっていつまでも見ていたくなる。家は一貫して古くなり続けているのに、窓越しに見えるプラスチックの水切りボウルは晴れやかなピンクで色の対比も美しい。手作りっぽい棚だったり出窓が食器置き場になっていたり、バリエーション毎に良いところがある


カーテンを閉めていないリビングがバーンと見えたりしても、風情はない。見たくなくて目を背ける。僕はそういう生々しい生活を直視したくない。

景色はひと気がなくて寂しそうで古いほうが良い。


コメント

  1. ジャン より:
    これも何だかいい記事ですね。
    私は窓辺にネコがいると和みます。

    >カーテンを閉めていないリビングがバーンと見え・・・
    洒落た居酒屋、BARなんかでも、厨房の生活感が丸見えなのは興ざめしますね。
  2. とむこ より:
    >>1
    オシャレな外食で生活感が出されると白けますね。非日常を味わう為、ですものね。小さな旅館で生活感溢れていると、居候になったようで良かったりします。相手の日常に飲まれるのは自分にとって非日常なので
タイトルとURLをコピーしました