お土産のありがたさ

お客さんから旅行先・帰省先のお土産を頂くことがある。若い頃は何となく当たり前のように受け取っていたけど、最近はものすごく感謝している。頂いた物の中身は全然関係なく、どんな頂きものも感謝して受け取っている。気持ちに変化が現れたのは、自分が旅行するようになってから。

お土産を買うのって苦痛じゃないですか?選ぶ苦痛・運ぶ苦痛。苦痛だけで構成されている。いつも車移動で何買っても大丈夫なのに土産を買って荷物を増やしたくない。買うといっても親族だけ、それだけでも苦痛なのだ。なんなら帰ってから通販でお土産を買おうかと思うくらい、旅行中にお土産を選ぶ時間を作るのも面倒くさい。

そういう人なので、親族でもない他人の僕にお土産を選んで買って来るというのは本当に凄いことだと思う。色んな人にお土産を用意するだろうから、お土産の量も凄いだろうしさ。

別にお土産をあげたからって僕の対応は変わらないよ。値引きもしないし。でも心から感謝している


コメント

タイトルとURLをコピーしました