面倒なのか正常化バイアスなのか

南関東地方に雪が少しでも降ると交通機関が麻痺をする。天気予報が発達して雪が降るとわかっていてもいつものように車やバイクや自転車を運転する。そして事故を起こす。渋滞の元になる

雪の翌日、気温は上がらず路面は凍結している。ひと目で道路が氷で覆われているのが分かる。でも相変わらず朝からいつもの交通手段でみんな出掛けている。7kmほどの通勤距離で交通事故が1件見かける。

埼玉県なんてスタッドレスタイヤの装着率10%も無いだろうに交通量は変わらない。スリップして人を殺す可能性や自分が死ぬ可能性を考えないのか不思議で仕方ない

ま、結局ただの愚痴なんですが自分がスタッドレスタイヤを履いていようとも周りの車が飛んできたら事故を防ぐことは出来ないわけで、こういう時の運転はチンパンジーが運転している車に囲まれているんだと気持ちを切り替えて出勤するわけです

でも路面が凍結してると敢えて急ブレーキを掛けてみて、自分の車の挙動を確認できて楽しいですね。今日は30km/hで止まるのに6m程必要でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました