まずまず高い

12月後半になるとスーパーも年末年始に向けの商品が並び始めます。いつもの事ですが一個1,500円の蒲鉾なんかを眺めて「高いなぁ」と思いつつ素通りします。値段だけでなく品質も良いのでしょうが普段から並んでいない商品って比較ができなくて手が出しづらいんですよね。お正月を過ぎるとすぐ半額で投げ売りされるのも恒例なので余計購入を躊躇う。しれっと生鮮も値段が上がり始めてちょっと前まで78円の小松菜が178円で売られたるすると「う~む」と売り場で考え込んでしまいます。今回は隣で売られていたちぢみ菜が128円だったので3把買って下茹でしました。長い休みはどうしても野菜の在庫が枯渇しがちなので今からせっせと備蓄しています。普段1日1回二人分の食事を作れば良い生活をしていると、こういう休みは食材の減り方に驚きますね。在宅中は食べるのも楽しみのひとつなので食事の回数も増えるし。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました