自粛自粛自粛

同じような話題で申し訳ないが、今一番気になることはやはりあれになってしまう


僕は個人経営のお店をやっている

現時点で僕らが困っているのは所得補償じゃなくて、休業判断と風評被害をどうするか?

同じ業種が一斉に休みになって、売上が減るのは怖くない。恐いのは自主的に営業を見合わせて自分の店だけ売上が減って、自分の店だけ経営が傾くこと。結果はただの自滅でしょ。そんなの今まで頑張って経営してきた人間からすると理不尽過ぎる。

緊急事態宣言が出て、社会全体が一斉に休めば、みんな一緒に痛みを分かち合って再開を待てる。今僕らがやらされているのはただのチキンレースで「自分がコロナウイルスに感染してニュースになったら多くの人が離れていくだろうな」という恐怖を押し殺して店を開けている。

微熱が出て数日間店を閉めても「コロナウイルスに感染したのかしら」なんて噂が立つかもしれないから、簡単に休めない。ぶっ倒れる直前まで隠し通してなんとか自力で直して(だって治療法が無いから病院に来るなって話だよね)そのまま隠し通せるのなら隠したほうが経営的には正しい。

もちろん、そんなことをして「あの店は発熱しても店を閉めなかった」という悪評が立って潰れるかもしれない。でも、37.5℃以下の熱ですぐに店を閉めたりする判断はとてもむずかしい。それは会社員が微熱ですぐに休めるのか?という問いとあまり変わらないが。

自粛、自粛、自粛…自営だって雇われだって今年の収入は絶対に下る。公務員以外は絶対に下る。だから店を閉める補償はしなくても良いんだよ。自粛する人と自粛しない人がいたら感染の拡大も防げないし、自粛する人が割を食うだけでそんな状況で誰が自粛するのか不思議だよ。自粛させるなら所得補償、一斉休業なら後の経済対策。




コメント

  1. ジャン より:
    >個人経営のお店・・・
    ああ、やはりそうなんだと思いました。苦衷お察し致します。
    経済対策云々と言っても大企業向けですからね。小中企業や個人経営に向いてないですし。我慢大会じゃないんだから。
    月内から月明け上旬にかけていつもの3宿に行ってきます。直行直帰です!
  2. とむこ より:
    >>1
    ジャンさん本館に来られないから、僕のことあまり知らないですね。とても小さいお店をとむこととmこでやっています。しがないサービス業です。つげ義春の作中に出てきた米袋を回収してリサイクルしている夫婦の姿が自分たちに重なります

    飲食ではないので潰れることは無いと思うのですが、売上を見ないように暮らすほど影響ありまくりです。

    僕も近々手白澤温泉に行きます。お互いに気をつけながら楽しみましょう
  3. satomi より:
    亡くなったお父さんの代から続けてきた小さな小売店を
    16年前に畳んで、サラリーマンになったkazuさんは
    何かあるごとに、自営じゃなくて良かった・・と言います。
    未だに、資金繰りする夢をたまに見るそうです。

    手白澤! 宿までの道のりでギブしそうです^^;
    あれって、引き返しは絶対にNGですよね?
    誰か荷車で運んでくれないと、一生縁が無さそうな温泉です。

  4. とむこ より:
    >>3
    「自営じゃなくて良かった」とても良くわかります。でも「自営で良かった」ともよく思います。とは言え、サラリーマンを経験してない僕には「自営で良かった」と思う根拠が薄いのですが。

    奥鬼怒遊歩道はハイキングと変わりません。6月の梅雨前はとても気持ちが良いはずです。いざとなったらkazuさんに背負ってもらえばよいのです

    ブログ中にも記載していますが、僕はいつも「手白澤温泉に行った記憶を消したい」と常々思っています。記憶を全て消し去って、何も知らない状態でドキドキしながら手白沢までたどり着きたいのです。だからまだ手白沢に行っていないsatomiさんがとても羨ましい。縁がない、なんてもったいなさすぎです



タイトルとURLをコピーしました