日常が戻りつつある

出産から数日前まで子供最優先の生活を続けてきた。コロナ禍なので1年前からろくに出掛けていなかったが、輪をかけて出掛けなくなった。新生児を移動させること、自分が感染することのリスクを考えると当然だろう

本来ならば出産後はとmこ家に里帰りのはずがあまり落ち着かず早々に我が家に来た。親がそばにいる、というのも良し悪しがあるようだ

一ヶ月検診が終わり一段落したところで「たまには孫を見せなさい」と命令して日中実家に行き過ごさせた。それは良い出来事だったのだと思う

週に一度、実家に行くようになった。夜中のぐずりが酷く寝不足の時も実家に行き育児を変わってもらうようにもなった。そうやって移動が多くなると籠もりきりの特殊な生活が終わりを告げ、日常が戻ってきたような気持ちになる。体にずっと力が入っていて強張ってしまった筋たちが少しずつ解れるような心地よさがある

来週、天気に恵まれれば僕は一人で温泉旅館に宿泊しようと思う。再来週はとmこさんが友達とランチなので子と一緒に過ごす。自分の為に過ごす日常がもうすぐやって来る

コメント

  1. ジャン より:
    >自分の為に過ごす日常がもうすぐやって来る・・・

    私も自分自身と、とむこさんの日常がそうなることを願っています。

    私の場合、居酒屋が必要不可欠なんですけど。しばらくお預けですね。
    • とむこ より:
      おはようございます

      ジャンさんの憩いの場が一つ無くなってしまって残念でしたね。コロナウイルスを絡めてしまうと日常が以前のように戻るのは難しいでしょう。でもオリンピックが終わったら早々に居酒屋規制を撤廃しそうな気もします。
      僕は居酒屋に行かなくなってしまいました。触れ合いはないですが、自宅で色んな料理にチャレンジするのも楽しいものです。この前群馬で海苔豆腐を食べていましたよね。旨そうだったので試作中です。にがりで豆乳を固めてみましたが海苔の風味が豆腐に良く合いました
タイトルとURLをコピーしました