てけてけてけ

休みの日に自分のお店に行って飼っている猫の世話をする。とmこさんが入院してからなので一ヶ月半休まずに?出勤?している

今まで猫の世話はとmこさんの役割だったので僕は可愛がるだけ。でも今は餌もトイレ掃除もやらなくてはならない

「やらなくてはいけない」というスイッチが入れば怠けていたアレコレもすんなりと自分の作業項目に登録され、面倒な気持ちも起きず淡々とこなす。甘えられる時は甘えまくるくせに変な自発性を甘えずに発揮できないものだろうかと思うが、多分無理なのだろう。

与える愛情も二倍必要なので数時間一緒に過ごす。順番に相対するが「愛情下さい」と「愛情与えろ」の二匹を比べるとクレクレは正直うざい。でも彼らの短い人生に僕の愛情が必要なら付き合ってやろう。彼らにとって僕は居心地の良いソファのようなものだ

マツコ・デラックスが猫を飼いたいが一人の時間が可哀想だから飼わない、という話をよく聞く。それは正しいような正しくないような気がする。多忙の人がペットの放置を気するのは分かるが、猫にも一人の時間は必要だし人を必要としない猫もいる

免許更新のため始めたダイエットだが、一日一食は順調に実行されている。食べない、というのは本当に楽だ。買い物も食事の用意も片付けも要らない。煙草をやめた時も「買いに行くのが面倒くさい」が始まりだった。食事は流石に完全に止めることができないが、買い物の頻度も随分減った。一日一食にするとその一食で食べ過ぎると思う人がいるだろうが、体はそんなに食べ物を受け入れてくれない。驚くほど少食になる。身体のために野菜を食べたら腹8分目になってしまう

今日は一週間ぶりにスーパーに行き、飛魚・サバ・イワシを買った。美味しそうだから買ってしまったが当日中に食べきるのは難しい。ダイエット前なら余裕で食べたのになと思いながら煮たりして保存した。

日常はてけてけてけと続く。時に軽く時に重く

コメント

タイトルとURLをコピーしました