もうジジイなのにネクタイが結べない

タイトルのままです

ネクタイが結べません

調べながら結んでもとても汚いです

ネクタイをどれくらい垂らしたら良いのか分かりません

20回くらい結んで疲れて諦めたのがいつも完成品です

スーツを着ない仕事、かつ色んな団体に所属していないのでフォーマルな格好をしたことがありません。とても幼稚な服装で過ごしています。僕としてはスーツを着こなしてこそ社会人、と思う部分もあるので自分は落伍者なんだろうかと不安になる時もあります。一般的な社交マナーも全然知りません。社会に顔を出すときにはマナー本がかかせません。

かといって落伍者なりに普通に生活できてしまうわけで、更にいうとスーツのような堅苦しく見える服装は好きではないので自分の選択した人生はあながち間違ってないのだろう。

スーツ、黴びてなければ良いな

コメント

  1. ジャン より:
    「スーツにネクタイなんてのは管理社会の囚人服と首輪みてぇなのもの」
    そう言ったのは、宮下あきらさんの漫画に出て来る学帽政でした。
    スーツにネクタイは慣れると楽です。それ着てネクタイ締めてればいいんだって。
    「何を着ようか」そう考えなくていいのです。
    「いいわねぇ。男は楽でぇ」(ジャン妻)
    • とむこ より:
      「スーツは楽だ」というのは学ランに通づるものがあるのでしょうかね?
      久しぶりにスーツを着たら着こなせてなくて職質受けるんじゃないだろうか?とか色々心配してしまいます。
タイトルとURLをコピーしました