信州サーモン

信州サーモンについて語らせてくれ。もうさ、長野のどの旅館に行っても信州サーモン。いや旅館からしたら「お前が何回長野を旅行してるか知らねえし」って言うだろうがどこ行っても信州サーモン。海無し県において貴重なアイテムなのは分かるがちょっと待ってよ。「これは信州サーモンです」って胸張って出されてもどんな顔をしてよいのかわからない。いや決して不味くはないし美味しいし食べるのは嫌じゃないよ。でも信州サーモン食って「長野に来たなぁ」って実感全然沸かない。でっぷり肥えたノルウェーサーモンみたいな巨体が信濃川や千曲川を泳いでる訳ないし。潔さでいえば群馬の刺身こんにゃくのほうがまだ許せる。刺身の定義から外れてるじゃんと思いながらまぁ海無し県だものなとしぶしぶ納得する部分がある。許せる要素がある。でも信州サーモン、おめーはひとっつも長野らしくない。なんかいつも許せないんだよ。




コメント

タイトルとURLをコピーしました