買いすぎ問題

土日のスーパーへ行くとカートの上下の籠に食料品が山のように積まれた客をよく見る。平日の買い物客はそこまで買わない。生活スタイルで纏めて買う人、ちょこちょこ買う人、それぞれなのだろう。纏めて買う人は仕事の都合で買い物が週1しか出来ないのかもしれない。週末のほうが商品の値引きが大きいからかもしれない。

僕はスーパーへ週2~3回行く。理由は特にない。散歩に近い感覚だ(そういえば気軽にスーパーへ行けるようになったのもコロナウイルスの感染者が少なくなってからだな、と今気付く。少し前まではネットスーパーに頼りきりだった)。必要なものを1・2個買い、ついでに売り場を一周する。興味が湧くものがあれば籠に放り込む。

料理もメニューを決めず冷蔵庫を確認して作れるものを作る。冷蔵庫内は常に消費期限切れ食材が行列をなして使われるのを待っている。そして作られてタッパーに詰められた料理も消費されるのを待っている。我が家の冷蔵庫は常に渋滞している。冷蔵庫を開けてもタッパーがコンテナ船よろしく敷き詰められ、奥のランプの光を遮って暗い。

問題は冷蔵庫の渋滞にも関わらず、美味しいものをスーパーで沢山見つけてしまった時だ。おっ鮟鱇だ、新鮮な白子だな、綺麗な秋鮭を塩焼きにするか、など旬な食材と出会うと後先考えず手が伸びてしまう。しかも旬の食べ物は冷蔵庫で順番待ちをしてくれない。すぐに手を加え食べる必要がある。

今朝もどうしても冷蔵庫の減容化が出来ず、朝から茸4パックを煮てタッパーに詰め込んだ。これで茸分の体積が空いた。あいつら結構場所を取るんだよな。もやしも足が早いので1袋はレンチンしてドレッシングを掛けてからタッパーに押し込み、もう一袋は炒めてクレイジーガーリックを振りかけてタッパーに詰め込む。朝ご飯を食べないのに出勤前の料理で疲れる。なぜこんな事をしているのかというと2日後に野沢温泉に一泊する。だから旅行前に腐りそうな食材を何とかしなくちゃならないのだ。そういえば先週霊泉寺で一泊した時に農産物直売所で買った野菜も処理しないといけないのだな。あぁ忙しい

買い過ぎなのは分かっている。でも美味しそうな食材を見つけると魅力に抗えないのだ。どうか野沢温泉で魅力的な食材に出会いませんように

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました