時代は進化する

未分類
ホームベーカリーが壊れかけなので新しいのを買いました。捏ねる時にパンケースがガタついて音が煩い。我慢すればまだ使えるけど、近々パンケースの固定が出来なくなりそうだった。

ホームベーカリーの何が嫌だって羽の部分に穴が開く。構造上仕方ないけど、あの穴を見るたび「美しくない…」と思うので、最近は捏ねだけやってもらい発酵と焼成はオーブンを使っていた(山形パンより角パンのほうが可愛い、という理由もある)

ホームベーカリーなんて昔から構造は変わっていなくて、買い替えても一つも感動しないだろうと思っていたけど予想以上に進化していて驚いた。もっと早く買い換えればよかった

大きさは電気ポットとほぼ同じ。今までのHBが大きかったからそれだけでも良い。焼ける大きさが1.5斤から1斤になったので単純に比較してはいけないのだろうが、とてもコンパクトになった。この手のあまり使わない家電って仕舞われると次の出番が1年後とかになるでしょ。だから台所に置いておけるのは重要。

基本の食パンを焼いてみたら、音が全然しない。いつから捏ねるんだろう?と機会の前で佇んでいたが一向に機会が動く気配がない。壊れてる?と思って顔を近づけたらかすかな音でコトッコトッと羽が回っていた。前機種がとても賑やかだっただけに心配になるくらい

焼き上がりも良い。耳が実に美味しい。機械が違うだけでこんなに味が変わるのかと驚いた。パン羽の穴も前機種の半分以下。こそっと穴がある程度

惜しむらくはメニューの少ない機種を買ってしまったこと。衝動買いをしたから全粒粉やライ麦パンメニューがない。本当はそっちを楽しみにしていたのに。既存のメニューと予約機能を使って寝かせ時間を増やせば焼けるかな?試してみようと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました