旨くて踊る

未分類
お客さんから頂いた桃なんですが、旨くて驚きました。「硬い桃みたいです」と実家から送られてきた初めて見る品種だそうで、お客さんと「珍しいですねぇ」なんて話しながら頭の中ではプルーン(スモモ・プラム)的なものだろうか?と想像した。でも全然違いました

初めての食感なので上手く表現できないのだけど、一般的な硬めの桃では全然なくてゴリッとした噛みごたえがある。カリカリ梅のような質感…とはちょっと違うけど噛んだ歯型が果肉にしっかりと残る。奥歯ですり潰すように咀嚼しないと飲み込めない。本当に硬い。甘みは控えめだけど、却って甘すぎないほうが食べ飽きなくて良かった。皮付きのままムシャムシャと食べました。

でも個性的なので一般受けはしないだろうなと思います。とmこさんは「顎が疲れる」と言うだろうし一般的な美味しい果物には分類されないでしょう。嵌る人はド嵌りする的な

果物って柔らかいほど甘いほど極上とされる傾向があるけれど、こういう変わり種の果物を食べると「植物はその特性を伸ばしたほうが美味しく感じるのではなかろうか?」と思う。日々品種改良されている方々には申し訳ないけれど、すっぺー果物に砂糖ぶっかけて食べるのだってすごく良いのにな。いつから果物に砂糖ぶっ掛けるのが下品な食べ方になったのだろう?ジャムにも洋菓子にも驚くほど砂糖が入っているのに加工しない果物は手を加えず食べるのが至高なんておかしくない?

そういえば肉も「柔らか~い!」「甘~い!」って表現を見ますね。いや、そうじゃねーだろ。胸肉に遠慮なく火を入れて繊維の塊を噛み砕いて飲み込む瞬間が一番幸せだろって思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました